Recruitment採用情報

先輩から見たトオカツフーズ

face
所属 : 工場 総務担当
N.K(2014年入社)
経済学部 経営学科卒
ある日のスケジュール
所属 : 工場 総務担当
N.K(2014年入社)
経済学部 経営学科卒

お仕事紹介

横浜鶴見工場の総務業務のうち、主にパート社員の採用活動全般を担当しています。具体的な流れは「欠員の把握→求人広告の作成→面接→配属部署へ打診→採用→入社」となりますが、総務全体に言える特徴は常に「対人間」であること。奥が深く絶対的な正解がない中、当社での就労がその人にとって良い方向に向かうことを考え、日々の業務を推進しています。

表舞台で目立つことはないものの、たとえば1年を終えたときに退職者が減っていたり、工場の業績が上がっていたりすれば、そこに少しでも貢献できたのではという充足感が得られます。「組織(工場)をより良くしていく」というチーム一丸の目標を共有できているので、非常に恵まれた環境だと感じています。

この仕事のここが好き

一番嬉しかったことにまつわるエピソード

やはり、人の成長に関われるところが総務の醍醐味。総務にはあらゆる部署の人たちと関わりを持ち、自ら先回りして動くことで喜んでもらえる機会がたくさんあります。また、「会社のことで分からないことは総務へ」と問い合わせや依頼を受けることもしばしば。多くの社員に頼ってもらえることもやりがいのひとつです。
今は一工場の総務として責務を全うすることが自分の役割ですが、工場単体ではなく、会社全体として「人」を捉えながら仕事をすることで自分の視野を広げていきたい。
そのためには、多様な業務経験を通じて専門性を高めていくことはもちろん、自らがオールラウンダーとなり工場を引っ張っていく存在にならなくてはいけないと思っています。

ある日のスケジュール